TOP > プラズマ処理技術 > 生体親和

Biocompatibility生体親和

生体親和性・骨細胞誘導性の向上効果

プラズマを用いた生体親和について

インプラント医療における材料表面の生体親和性向上を実現するプラズマ改質を提供できます。

人工骨移植実験

特徴

プラズマ処理により、骨組織等への親和性が向上。連通孔を有する多孔質人工骨に対し、内孔壁の親水化、内部への骨組織伝導性の向上、肝細胞の骨芽細胞分化促進します。

主な用途

ハイドロキシアパタイト系人工骨他、医療系材料

生体親和の事例紹介

骨細胞分化高速化

1.人工骨表面にプラズマ改質することで表面官能基付与し生体親和性の向上、骨細胞分化高速化を実現

電子技研の親和性向上プラズマ処理技術

共同研究:大阪大学

Contact us

各種製品についてのご相談など、
お気軽にお問い合わせください。