TOP > 電子技研とは

About電子技研とは

独創的な思考でご提案

電子技研は創業以来、フレキシブルで一歩先を見据えた視点・思考・対応により、
装置製造・研究開発・保守メンテナンスに至るまで、ハード・ソフト両面でサービス提供を行ってきました。

今後、更なる高度で質の高いサービス提供と多種多様な分野への新たな開拓を行うためには、
よりフレキシブルで、より先を見据え、これまで以上の経験・知識・技術の蓄積と向上が必要だと考えます。

電子技研の強み

1.長年培ってきた専門技術の開発・研究

創業以来、こだわってきたプラズマ処理において、表面改質、焼結他、新たな機能の開発に取り組んでいます。物性を変える技術「表面改質」では、一般的なプラズマ改質技術とは異なる「官能基修飾処理」により、接着・接合の新たな選択肢を提供します。電子技研では、これらの新たに開発した処理技術を長年積み上げてきたプラズマ装置に埋め込むことにより、各用途に適した装置の設計からメンテナンスまでを作り上げることができる総合力を有しております。

2.各専門分野のエキスパートが集結して生み出す最適解

装置メーカーという立場、研究開発者という立場、設備保守を行う現場という立場。電子技研は、さまざまな立場から「ものづくり」をサポートしてきました。
例えば、
・現場で察知したニーズを営業含む他部署と情報共有
・現場設備の改善等の技術課題の解決
・設計・製造と連携した技術課題の解決
・自社装置の改良に保守現場の意見を反映
・研究開発と、設計・製造及び現場の連携
それぞれの立場でのマーケティングと積み重ねてきた技術・経験・知見を集約することにより、多方向の視点から、様々な提案・サービスを提供します。

3.お客様の課題に応える製品力

クリーニング(洗浄)やエッチング等の処理で用いられるDRY(乾式)、WET(湿式)は対局的であり、相反するものです。電子技研では、対局的である「DRY=プラズマ処理装置」、「WET=ウェット処理装置」を取り扱っています。お客様のニーズに合わせ、「DRY」「WET」のご提案が可能です。

Contact us

各種製品についてのご相談など、
お気軽にお問い合わせください。